スポンサーリンク

子供の習い事、本当に必要?

子供

こんにちは^^

yamameです♪

 

子供の習い事は本当に必要か?

子供がいる方は一度は考えるテーマです^^

 

私の場合も、共働きで子供にかける時間が少ない分、負い目があって、習い事は沢山通わせた方が良いとずっと思っていたし、

周りに聞いたりして、焦ってどの習い事が一番良いのか調べたりしました。

 

子供の育児本を沢山読む中で、良く出てくるワードが認知能力と、非認知能力です。

認知能力とは?

知能検査で測定できる知力の事。こうしたスキルを伸ばす最良の方法は、可能なかぎり練習を重ねる事。可能なかぎり早くから始める事です。計算したり、共通のパターンを見抜いたり、くもんとか、日能研とかのお勉強の塾が当てはまります。

非認知能力とは?

性格に起因する部分。粘り強さ、自制心、好奇心、誠実さ、やり抜く力、自信など、子供の気質に関わる部分です。
昔は認知能力至上主義で、こちらに力を入れた教育が多かったのですが、現代では見直さ
れ、非認知能力を合わせて伸ばす事がとても大切とされています。
例で言うと:学力至上主義の、同じ高校に入学した生徒達の卒業後の大学、就職までを追跡調査してみると、成績がいくら良くても、非認知能力が欠けている子供達は、大学を中退したり、就職出来なかったりする子が多かったという統計があるそうです。
つまり、やり抜く粘り強さや、好奇心、自信を気質的に育てる事が一番大切と言う事。
うーん。それって本当に難しい💦
認知能力を伸ばす事は、計算のやり方を覚えたり、ドリルを解いたりをすれば、
簡単に身につくし、道筋も明確で分かり易い。
しかし非認知能力となると。。
本を10冊読んでも、明確にコレとは書いてないけど、、子供の非認知能力を伸ばす親が
出来る事でウチでは3つ気をつけています。

非認知能力をのばすには?

幼少期のストレスや逆境から子供を守る

具体的には、子供が怪我をした時にかけ寄って、すぐ抱きしめる。そうする事で不安が解消されて、ストレスホルモンが下がるそう。当たり前のこの行動が後々効いてくる。
子供の気質を作る部分に、大きな影響が出てくるのだそう。
非認知能力が高いのは遺伝では?と諦める人がいるかも知れないけど、これは遺伝では無
く習慣で伸ばす事の出来る能力(゚ω゚)!
沢山抱っこしてあげる。子供の興味のあることに一緒に関心を持ってあげる。子供の気持ちに敏感に反応する。
ほんの小さな親の、この行動が、子供の能力を伸ばす事に持続的な効果をもたらす事が実験でも証明されているのです✨

楽観主義を身につけること

柔軟であったり、楽観的な考え、人付き合いに機敏だったりという姿勢を親として子供に
みせる。
子供は親の気質を見て学ぶので自分自身がまず、子供に育って欲しい気質になる様に心掛けること。
絶対にならないと!だとキツいので、出来れば近づけるで、程々にやっています^^
例えば、嫌な事、ストレスが起こったとするとそれを、正面から受け止めず、
特定のもの、限られたもの、短期的なものと考えて、今だけの人生の一部に過ぎない。
と楽観的に考える様に心掛けること^^
頭では分かっているけど、中々難しいところです😫💦
責任感が強く、考え混んでしまったり、イライラしたり、気持ちのコントロールは本当に難しい。そんな時、私は、アロマや漢方に頼っています^^
気持ちのコントロールが出来ないのは体質から来ているのかも。
体質改善で自分で気持ちもコントロール出来ます♪

熱意を持って取り組むことを教える

何か共通の趣味でも、習い事でも、仕事でもいいです。親が何かに熱意を持って、懸命に取り組んでいる姿勢をみせる事です。
姿勢を見せているつもり、ではダメで子供が分かる様に説明をしてあげましょう♪
例えば子供が興味を持っている事や、習い事を一緒に熱意を持って取り組む。
仕事が凄く好きだったら、自分がどんな仕事をしていて、どれくらい楽しいのか、やり甲斐があるのかもわかる様に説明してあげます。
子供扱いせず、一人の大人と同じ様に接する様にしています^^
内なるモチベーションを継続出来る様になると、
何事にも熱意を持って真剣に取り組める資質(価値ある資質)が育ちます。

まとめ

育児本を読み漁った結果、非認知能力を伸ばすのに、習い事は有効なのかな^^という結論になりました。
認知能力を伸ばしたいなら、塾系の習い事(算盤、くもん、日能研)など。
別に絶対習わせる必要はありません。
要は認知、非認知能力を伸ばす様に親が姿勢を見せたり、サポートすればいいダケのことなので、通わせる時間が取れないのなら、自身で家で取り組めばいいのです。
唯、それらを伸ばすツールとして習わせるならアリなのかなと。
子供が興味があって、もっと伸びそうだなと思う事を、親も一緒に興味を持って通わせるのは有効なのかなと思います^^
その習い事を通して壁に直面した時に、どの様にして乗り越えるのか、
乗り越えた時の自信に繋がったり、好奇心や粘り強さを育てることにも繋がってきます。
親子で興味のある事を共有する事で、自然と親子の会話も増えます。
子供一人に習わせっぱなしにしない様に注意しましょう!
子供が出来た時は,
詳細にここが良かった!と褒める事でその分野では自信をつける事が出来ます。

シーちゃんの場合

習い事を始める時、注意が必要なのが、親が子供以上に熱心になり過ぎない事。
また逆に子供ひとりに習わせっぱなしにしない事です。
子供が出来なくても楽観的に考える事が大切です。
ウチではシーちゃんが、お友達が行っているピアノ教室に行きたい✨と言い出しました。
入会して1年通った頃、ジッとしているのが難しく、楽しく無いと言い出しました。
ピアノはメルカリで買って、その時やっと色々弾ける様になってきて、親としては凄く勿体ないと思ったのですが、絶対に無理やり行かせるのだけはしない😫!
とパパと決めていました。楽しく無いならやめよう。もしかして、小学生になったらまたしたくなるかもね。
保育園での発表会で、「小狐コンコン」の鍵盤ハーモニカの演奏がありました。ピアノを
習っていたシーちゃんは難なく弾けたので、お友達に教えてあげた様で、自慢げに話して
くれました^^
一度体験をしていると子供の自信になるなと本当に感じます✨
今度はお友達と一緒にゲームを楽しめる英会話教室に行きたいと言い出しました( ゚д゚))
パパに相談すると、シーちゃんは色々な人と会話したり、友達になったりするのが得意だから、いいんじゃないの?とのこと^^
色んな国の人と話せる事で人との結びつきを大切にしてくれるといいな^^という親の勝手な意向もあり、無料体験に参加してみました♪
初め戸惑いながらもお友達と一緒にゲームをして楽しかった様で、4月ならキャンペーン
で入会金が掛からない事もあり、シェーン英会話に通い始めることになりました☺️
通ってみてのレッスン内容や、家での英語を通しての親子の関わり方などもお伝え出来
たらなと思います^^
一度で子供のやりたい事、興味のある事を見つけるのは難しいです💦
無料体験でプチ体験をしながら探すのはオススメです♪
メンタリストダイゴさんが良く紹介されている本も参考にしました♪
実証実験なのでとても参考になりました。
子供と沢山会話しながら一緒に見つけていけたらいいですね^^

コメント