スポンサーリンク

あなたのストレス原因、薬に頼らず食事でケアしてみませんか?

健康

ストレスに負けない体つくりを普段から気をつけているでしょうか?

ストレスは東洋医学では『心、脾、腎』に影響を与えるとされています。

ストレスは、疲れ易くなったり、アレルギー症状を悪化させたり、色んな悪い影響の原因

となり得ます。

対人関係などの根本的原因を解決するのはもちろんですが、それ以外にも対策は出来ます。

ストレスは生活習慣や食べ物なども影響を及ぼします。ストレスに負けない体作りを今日

から初めましょう♪

 

まず、あなたのストレス度チェックを行います!

以下に当てはまる項目が何個あるかをチェックしてみて下さい^^

ストレス度チェック

1.頭がスッキリしない

2.目が疲れる

3.鼻がつまったり、鼻の具合がおかしい

4.目眩を感じる事がある

5.たまに立ちくらみがある

6.耳鳴りがする

7.頻繁に口内炎がおこる

8.喉が痛くなる

9.舌が白くなっている

10.今まで好きだった食べ物を、食べたいと思わなくなった(食の好みが変わった)

11.胃の調子が悪い

12.腹がはったり、痛んだりする(下痢、便秘繰り返す)

13.肩がこる、頭も重い

14.背中や腰が痛くなる

15.疲れが中々とれない

16.最近体重が減った

17.すぐ疲れる

18.朝気持ちよく起きられない。疲れがとれてない

19仕事のやる気がでない

20.中々眠れない

21.夢を見ること多い。眠りが浅い。

22.夜中に目が覚める

23.急に息苦しくなる

24.ときどき動悸がする

25.胸がぎゅっと締め付けられる

26.よく風邪をひく、治りにくい

27.ちょっとしたことでイライラ

28.手足冷たい

29.手や脇の下に汗が出る、汗をかきやすくなった

30.人と会いたくないなと思う、憂鬱

 

10個以下 正常
11〜15個 軽度のストレス:ゆっくり休養を取りましょう
16〜24個 中程度のストレス:無理をせず人に相談したりしましょう
25個以上 重度ストレス要受診 ストレスケアをしても難しそうなら一度受診をしてみましょう

食べるといい食品

心を補う 

鮭、小麦、小豆、なす、パプリカ、スイカ、桃

肝を補う

鶏肉、にら、ほうれん草、ブロッコリー、ピーマン、梅、桃、クルミ

脾を補う

鯛、卵、アジ、里芋、カボチャ、大豆、人参、タマネギ、椎茸

ストレス対策法

ストレスで出ている症状

喉のつかえ、イライラ、みぞおちの張り

対策

適度な運動 、些細な嬉しい出来事を思い出す、同じ姿勢を長時間続けない。

夜は湯船に浸かりましょう(リラックスする作用、血流を良くする事で全身に血液が行き

渡りストレスをやわらげます)

 

ストレスで出ている症状

元気が出ない、胃腸が弱い

対策

朝食を食べエネルギーを補う、時間を大切にゆっくり過ごす。

良く噛んで食べ、消化に使うエネルギーを減らす。

 

ストレスで出ている症状

不眠

対策

しっかり血の作られる食事をとること。(赤身肉、クコの実、人参、小松菜)

長時間作業を続けず、こまめに休憩をとる。血を消耗するので長風呂は避けましょう♪

 

病院を受診する前に一度症状や漢方薬について知っておくのも、先生に相談する時の参考になります^^漢方と症状を図でわかりやすく解説してあってとっても読みやすかったので紹介しておきます。

 

yamameのストレス対策漢方薬の愛用本です。今ならバーゲンセール中です。気になる方は是非チェックしてみて下さい♪

【バーゲン本】よくわかるこころの病気に効く漢方薬 (こころのクスリBOOKS) [ 根本 幸夫 他 ]

価格:825円
(2021/4/21 22:15時点)
感想(0件)

コメント