スポンサーリンク

新学期のうつ症状、イライラを漢方で対策せよ!

健康
漢方薬は、 うつ、 引きこもり、 発達障害、  不安症、 不眠症 こころの病気に効果を発揮し易いです。調剤薬局に勤めていて、病院からの処方薬だけでは中々治らず、眠剤や向精神薬がどんどん増えていった患者さんが、漢方薬に変更してから徐々に回復に向かっていった事例をいくつも見てきました。
上記の症状は遺伝や体質、生活習慣も絡んでおり、既に表れている身体の症状にしか直接アプローチしない西洋医学の手法だけでは中々改善は難しいのが現状です。
その点漢方は心身一如の考えから、心と身体両方にアプローチする手法を取ります。原因が複雑な程効果を発揮し易い為、心の病向きなのです。
漢方薬局で体質から診断してもらい、質の高い生薬を選んで処方してもらったお薬を飲むのが一番良いのですが、漢方薬局の処方薬は自費なので高額になり、身体に必要なのは解っているのに、続ける事が難しい方が多いのではないでしょうか?
もちろん、体質診断を受けて、自分の体質を知ってからという条件が大前提ですが、薬剤師も漢方を選ぶ時、決め手になる症状があるので、そこをザックリですがお伝えしようと思います。

イライラに効く漢方薬

↓は漢方を選ぶ時に決めてとなる主症状です。

イライラ、些細な事気になる、肩こり
※学校で落ち着きが無い、緊張、自律神経失調症がある、更年期障害で怒り易い、高血圧

加味逍遙散(かみしょうようさん) 

イライラ、些細な事が気になる、肩こり、のぼせ
※赤ら顔、気分がよく変わり怒りの感情強い人、女性の更年期障害、怒りのあるうつ

甘麦大そう湯(かんばくたいそうとう)

イライラ、些細なことが気になる、不眠

甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)

下痢しやすい、食欲不振、不眠

柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

イライラ、些細なことが気になる、不眠、動悸、便秘
※胸部から腹部に圧迫感、精神不安、肩、首、背中のこり

柴朴湯(さいぼくとう)

喉につかえる感じ、動悸

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

桂枝茯苓丸合(けいしぶくりょうがんごう)

イライラ、喉につかえる感じ、のぼせ、生理不順
上記の漢方を選ぶ時に当てはまる項目の多い漢方薬を選びます。被っている項目もあるけど、生理不順が一緒に症状として出ているなら上記では半夏厚朴湯を選びます。
不眠、うつ、認知症まで、心の病気に効く、選ぶべき漢方薬を分かり易く図解で示した、私の愛用本です。実際自分の漢方を選ぶ時にも使用しています。
これからの新学期に気分の落ち込み対策を事前に試してみてはいかがでしょうか?

よくわかる こころの病気に効く漢方薬【電子書籍】[ 根本 幸夫 ]

価格:1,650円
(2021/3/29 21:02時点)
感想(0件)

コメント